“我想要工作? 我去找工作!”

我们的心理学家和人力资源专家KristinaMilkovićČilić拜访了萨格勒布应用科学大学的学生,以分享克罗地亚和全球范围内选择过程的趋势。 学生学习了如何打动潜在雇主的提示和技巧,并有机会通过模拟的求职面试将新知识应用于测试。 克里斯蒂娜(Kristina)谈到了工作申请流程的各个方面,以及建立强大的简历以吸引未来雇主的注意的重要性。 讲习班的重点是面试过程,从空缺通知到最终征聘。 特别注意了简历和激励信的准备工作,从有关使用哪种语言的提示到应明确排除哪些信息(例如,您最喜欢的食物,幼儿园奖励或不适当的个人电子邮件地址;)都应排除在外。 与良好的简历和激励信一样重要是第一印象。 克里斯蒂娜(Kristina)带领学生通过模拟面试情况,练习在工作面试中如何做和不该做。 学生有机会练习给人留下良好的第一印象,以吸引潜在的雇主。 克里斯蒂娜为学生们的离别建议是要意识到肢体语言,清晰而自信地说话,并且在参加面试之前总是做好准备。 感谢BiljanaStojaković老师组织的这项活动,也感谢大学欢迎我们和学生的关注。 love我们喜欢与学生见面并了解他们的经历和兴趣。 我们很高兴在Q办公室接待一些学生进行进一步的指导,我们希望其中一些能够在我们这里获得初次工作经验。

パターンランゲージのワークショップを社内で実施した话

2017年3月より「DMM.com Labo」にジョインした,UI / UXデザイナーの川西と申します。最近のマイブームは,ストロングゼロを片手にファミチキを喰らうことです。 今回は,「パターンランゲージ」のワークショップを,自社内で実施した话をします。 安施の际はアジャイルコーチの安井力(やっとむ)さんに,ご协力いただきました。ありがとうございました。この手のワークのファシリテートって难しいですね。 パターンランゲージとは 世间一般的には「実践知」「センス」「コツ」などと言われることもありますが,これ黙他者には共有しにくいもので,分野に限らず多くのシーンで「暗黙知」や「属人化」を形成する要因になっていました。パターンランゲージは,これらの问题を「状况」に応じた判断の中でも成功している事例に缲り返し见られる「パターン」を抽出した「ランゲージ」として表现することで暗黙知を建设的な资产に変えようというものです。 もともとは,クリストファー・アレクサンダー氏が提唱した建筑分野の知识记述の方法でしたが,时を経てソフトウェア开発,人间の行为へと适用されて,その有用性,再利用性の高さから,近年さらに分野を超えて注目されています。 「なぜあの人は上手くいくのか」「なぜ,あの人のデザインはカッコイイのか」…。実はこれには”法则性”があるんですっ!! ↑ちょっと胡散臭い広告みたいですが,その成功の“秘诀”が身近な人の実际の経験谈であり,さらに论理に里付けされたものであれば,生かさないわけにはいかないでしょう。もちろん,银の弾丸ではないので,それらを参考に,なにを成すかはアナタ次第… 行动ニュアルと行动の间をつなぐ概念という表现もあり,采用の可否を个人が判断できるという点がGOODです。 実施したワーク内容について 私の所属するチームでは11月〜12月までに2つのワークを実施しました。 1つめは, スクラムー発のの构筑のための「スクラムチームの组成のパターン」のワークです。 存既存のスクラムチームと组成前チームの混合グループで行いました。既存のウォーターフロー开発からアジャイル开発に切り替えるには何かと障害が起こりがちです。共有ので,それらの共有の场としました。 2つめは,…